MEMBER

隊員


 

松木直人(まつきなおと)

1992年 出生
2016年 早稲田大学 創造理工学部 建築学科卒業
2018年 同大学修士課程修了
大学院在学中は、長期にわたって生活と生産が持続している集落を調査する「千年村プロジェクト」に所属し、行方市麻生の調査を担当(現在も所属)。行方市へは、数年前から頻繁に訪れ、地域の祭りなどにも積極的に参加し、住民との交流を深めながら、地域に密着した調査活動を行っていました。


活動方針


 

行方には、霞ヶ浦と行方台地という豊かな環境と、そこから育まれた歴史があります。そして、その歴史の中に生きる人々のくらしがあります。その環境からくらしまで一体となっている様を取り扱いたく、次の3本を軸として、活動をしています。

【情報】

 埋もれている地域の特色の調査・発信

【人】

 地域の方々との交流・協働をとおして地域を知る

【場所・もの】

 交流の場と環境をつくる

 これまで、私は建築設計や集落調査をおこなってきました。これからは内側からくらしを見つめることで、よりリアリティのある地域の特色を発信し、様々な人が行方に関われる環境を作っていきたいと思います。具体的には、地域のしくみの調査・発信、文化財の積極的利用の提案、地域の方々への取材などをしていきます。